読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

できるだけがんばらないひとりたび

安心・安全・快適に自分らしい旅がしたい人のためのできるだけがんばらない旅行情報サイト

「eチケット控え」は「控え」なので、それだけでは飛行機に乗れません。チェックイン(搭乗手続き)して「搭乗券」をゲットする方法まとめ


ネットで航空券を予約・支払完了すると、「eチケット控え」というものが印刷できます。「チケット」と書いてあるので、これでそのまま飛行機に乗れそうな感じがしますが、飛行機に乗るには「搭乗手続き(チェックイン)」をして、座席番号の書かれた「搭乗券」をゲットしないといけません。※Skipサービスなどがある場合をのぞく

例によって、できるだけ英語を喋らずに搭乗券を手に入れる方法をまとめます。
※【国際線】の場合です。ANAJALなどの国内線では事前にチェックイン手続きをウェブから完了できる場合がほとんどです。国内線の場合の記事はあらためて。

「eチケット控え」ってなに?印刷しないといけないの?

eチケット控えとは、その名の通り、航空会社のデータベースで電子的に管理されている航空チケットの控えです。
なんだ、控えなら印刷しなくていいか、と思うかもしれませんが、必ず印刷します。
たとえば、こんな場合に役立ちます。
 
  • 入国審査時に提示を求められることがあります
  • 飛行機の乗り遅れなど、なにかあったときのトラブル時に、すべて英語で書いてあるので、見せるだけで証跡として役立ちます
  • そもそもチェックインカウンターでの「搭乗手続き(チェックイン)時」にも、「eチケット控え」があると話が早いです

もしeチケット控えを忘れた/紛失したら

もし、eチケット控えを忘れてしまったり、紛失してしまったら、パスポートをカウンターで提示し、「再発行」を受けるのがよいです。
何度も言いますが、いろんな場面でeチケット控えは役立つので、紙で持っておくのがおすすめです。
 

もう時間がない!という人はとにかく空港のチェックインカウンターに並ぶべし

もうよくわかんないし、時間がない、という場合には、空港の「チェックインカウンター」に並びましょう。
 
  • eチケット控え(忘れたら再発行を受ける!)
  • マイレージカード(あれば)
  • パスポート(これだけは絶対なにがなんでも必要)
を提出し、「チェックインしたいのですが(I'd like to check in.)」と伝え、あとは流れに身を任せると、座席の書かれた「搭乗券」をゲットできます。

f:id:tamura38:20151108113833p:plain

こういうのが搭乗券です。座席と、搭乗口が確定しています。

チェックインカウンターでの手続きは、事前にネットでも完了できる場合が増えています。

長年の間辛抱強くチェックインカウンターの長蛇の列に並びされるがままになっていましたが、最近はネットでも完了できるようになってきました。
流れにそって説明します。 
 

ステップ1 予約後いつでも

航空会社の公式サイトで、パスポート番号の登録と座席指定をします。
航空会社の公式サイトの「オンラインチェックイン」ページで、事前にパスポート番号の登録と座席指定をすることができます。
自分の好きな座席の指定が画面を見ながらできるので、好きな座席を確保できる可能性が高まりますし、「窓側って英語でなんていうんだっけ…」とか悩まずにすみます。
公式サイト以外で購入した時もできます!
旅行会社や、価格比較サイトで購入したときも、予約番号などで登録できます。「航空会社名+チェックイン」で検索し、オンラインチェックインページを探して手続きを進めればOKです。
 

ステップ2 搭乗日前日〜

オンラインチェックインし、座席の本指定をします。
座席の指定まで済んでいると、搭乗の前日(ぐらい)にオンラインチェックインの案内がメールでやってきます。サイトにいって、手順通りぽちっと何クリックかすると、オンラインチェックインが完了し、座席が確定します。ここでオーバーブッキングが発生していた場合、運良くビジネスにアップグレードされ座席を選び直すなんてことが私は一度だけありました。
 
ちなみにANAは「オートチェックイン」というシステムがあって、サイトにいってぽちっと何クリックかする手続きをすっとばして、何事もなければ「チェックイン完了」というメールが届いて終わりです。
搭乗券を印刷します(印刷できない場合はステップ3へ)
オンラインチェックインが完了すると搭乗券は印刷できる場合もあります。これを荷物検査場で出すだけでOKです。(「eチケット控え」と間違えないように!!)

ただし、「オンラインチェックイン」が可能なのはおよそ搭乗の前日ぐらいなので、3泊4日以上の旅だと国内であらかじめ帰りの分の搭乗券を印刷しておくのは不可能です。

オンラインチェックイン完了後のメールには無情に「印刷してください」とか書いてあったりするのですが、絶望せず、当日にチェックインカウンターに行ってください。

 

f:id:tamura38:20151108113645g:plain

こういうのが印刷できます。バーコードが重要なので印刷できてるかチェック。

ちなみに、モバイル搭乗券をゲットできる場合もあります

オンラインチェックインが完了すると、スマホの画面をみせるだけでいい「モバイル搭乗券」がゲットできることがあります。

チェックイン完了のメールにバーコードがついてくるので、荷物検査場でこれをぴっとタッチするだけです。

ANA@成田空港ではこれでした。iPhoneだと、passbookに対応していてすごく格好良いです。

f:id:tamura38:20150109221347j:plain

passbookで搭乗券をゲットするとこんな感じ。かっこいい!

ステップ3 搭乗日当日

(搭乗券を印刷できてない場合)チェックインカウンターで搭乗券を受け取ります
搭乗券を事前に印刷できてない場合には、空港についたらカウンターで
「Hello, I'd like to check in.」
といいます。
 
そしてすかさず、
eチケット控えとパスポート、あればマイレージカード
を提出します。
 
オンラインチェックインが完了してると厳密には「チェックインしたい」わけではないのですが、細かいことは無視して流れに身を任せましょう。 
ちなみに、自動チェックイン機で搭乗券が発券できる場合もあります

オンラインチェックインが完了していると、航空会社のカウンターの隣にある自動チェックイン機で、搭乗券がゲットできることがあります。自動チェックイン機は空港によってあったりなかったり、航空会社によって搭乗券の発行に対応していたりしていなかったり、という感じですが、チャレンジしてみて損はないので、それっぽい機械を見つけたら挑戦してみましょう。列に並ばなくて済むので、もし発券できたらラッキーです。

もしダメだったら、やっぱりおとなしくカウンターに並びましょう。

f:id:tamura38:20151106000058g:plain

大体こういう感じの自動チェックイン機

f:id:tamura38:20151106001912j:plain

ANAの場合「搭乗券の受け取り」がメニューにあります

スーツケースを預け、「搭乗券」を持って手荷物検査所へ向かいます。

スーツケースを預ける場合は、やはりチェックインカウンターに並びます。

搭乗券が既に手元にあるなら、「荷物だけ優先レーン」に並ぶこともできます。そういうのが見当たらなかったら、やはりおとなしく普通のチェックインカウンターへ。

預ける荷物がなければ、手荷物と「搭乗券」を持って、荷物検査所のゲートに向かいます。

多くの場合、ここで検査の前にパスポートと搭乗券をチェックされます。

 

まとめ

  • チェックインカウンターに並べば、どんな場合もとりあえず大丈夫
  • 列の長いチェックインカウンターを回避したい場合は、事前にいろいろ準備しておきましょう。

航空会社によって、また空港によって、オンラインチェックインができるかどうかや、モバイル搭乗券で乗れるかどうかには違いがあるので、公式サイトでチェックしておきましょう。

 

ANA国際線の搭乗手続き「オンラインチェックイン」|ご旅行の準備[国際線]|ANA

JAL国際線 - ダイレクト搭乗スタイル QuiC(クイック)

ウェブ・チェックイン | チェックイン | ジェットスター

こちらもチェック